昨今人気が高まっているフェンシングだが、私自身これに興味を持つのが少し遅れたという残念な思いがある。

 アメリカの伝説的なスポーツライターであり、後に小説家として『スノーグース』『ポセイドン・アドベンチャー』で有名なポール・ギャリコはある本の前書きに「フェンシングは年齢に関係なくやれる」と書いていた。彼はフェンシングをやっていたのだ。

 東京でフェンシングとなると台東区が盛んだ。当時、私は同区内の谷中に住んでいたから、一念発起して体育館へ見学に出かけた。だが、小中学生が多いので戸惑ったのがいけなかった。私自身はそっとやりたかったのだが、やろうか迷っているうちに北京大会で太田雄貴が銀メダルを獲得し、たちまちフェンシングが人気になってしまった。

 この競技はもともと決闘の手段だから、危険が伴う。過去には競技中に死亡例もある。だが、シドニー大会の前後に透明のバイザーマスクを取り入れた時期があった。フェンシングのマスクは通常金属メッシュで顔を覆っているが、その目の部分にオートバイのヘルメットと同じ強化プラスチックの窓を取り入れた。

 「フェンサーの目が見たい、あの眼光が最大の魅力なのだ」と。

 これもテレビディレクターの要望だったと聞く。その後、バイザーが割れる事故で2014年以降は全面禁止になり、眼光は再び想像の世界に戻った。

 知り合いの剣道家は「剣道は絶対にオリンピックに入らない」と言う。「精神であり記録ではない」と、柔道と比較しながら力説する。そうかもしれない。フェンシングはスポーツ性も面白いから、それもそれでいいだろう。
北京五輪フェンシング男子フルーレ個人準決勝で、サンツォ(イタリア)から決勝のポイントを奪う太田雄貴(右)=2008年8月13日、国家会議センターフェンシング館(共同)
北京五輪フェンシング男子フルーレ個人準決勝で、サンツォ(イタリア)から決勝のポイントを奪う太田雄貴(右)=2008年8月13日、国家会議センターフェンシング館(共同)
 北京大会で銀メダル、2015年の世界選手権では個人フルーレ優勝を果たした太田は32歳にして、日本フェンシング協会会長の座に就いた。今でも日本の競技団体で最年少のリーダーだ。今回の未曽有の災いが、彼らの年代が日本のスポーツを引っ張っていく機会になればいいのだが。

 スポーツは止まっている。いつ動き出すかも分からない。だが、スポーツはもう生活の一部になってしまい、私たちの心から消えることはない。アスリートにもそのことには確信があるはずだ。