スタジアムを訪れる多くのファンが興じているのは内野芝をバックにした写真撮影だが、スタッフが丁寧に管理することで芝生の美しい緑が保たれている。「ボールパーク」というファンサービスを提供する空間であることを、スタッフ全員の責任として自覚しているのである。

 ここからは、日本の野球について、今後のNPBのマネジメントを中心に提言したい。リーグ主体の経営体制が不可欠なことは言うまでもない。

 これまで、先駆者たちがリーグ刷新を試みながらも、既得権益者がその知恵を否定し続けてきた。しかし、そろそろ「『チームビジネス』だから」から「『リーグビジネス』だからこそ」に、意識変革が求められている。

 まずは、多くの魅力ある白熱した商品としての「試合」を提供するにあたって、リーグ側が推し進めるべきは「戦力均衡」である。その実現に向けて、サラリーキャップの導入、ドラフト制度の刷新、レベニューシェア(売り上げを分け合う)の三つの柱を機能させる。

 主な効果として期待されるのが、戦力と財務状況の均衡である。二つの均衡をつくり出すことで、どのチームが優勝してもおかしくない状況を生み出し、ファンとスポンサーに期待感を創出させるのである。先述の国税庁通達には、金額的制限なり条件なりを付与すべきであろう。

 そうしたところで、チーム数を16球団に拡大し、セ・パ両リーグの再編に手を付けたい。両リーグを東西2地区に分け、各8球団によるリーグに編成し直し、ポストシーズンの活性化を実現させるのだ。

 これらによって、現行のクライマックス・シリーズよりも試合数の増加が期待でき、さらなる収益拡大につなげられる。日本シリーズは、今まで通りポストシーズンを勝ち抜いた両リーグチャンピオンチームで争えばいい。

 もし、Jリーグが国際標準に合わせる形で9月開幕に移行すれば、1年を通して野球とサッカーが楽しめることできるとともに、ファンやスポンサーの食い合いも回避できる。

 各球団には、支配下に複数のファームチーム保持を義務付ける。現行でいえば、2軍に加えて、全チームが3軍を編成するのである。既にソフトバンクは3軍を本格稼働させて、育成選手だった千賀滉大(こうだい)投手や甲斐拓也捕手を輩出した自慢の選手育成にさらなる磨きをかけている。
日本シリーズを盤石の強さで3連覇し、記念撮影する(前列右2人目から)ソフトバンクの王球団会長、孫オーナー、工藤監督ら=2019年10月23日、東京ドーム(村本聡撮影)
日本シリーズを盤石の強さで3連覇し、記念撮影する(前列右2人目から)ソフトバンクの王球団会長、孫オーナー、工藤監督ら=2019年10月23日、東京ドーム(村本聡撮影)
 ファーム専用の球場、タマホームスタジアム筑後は、2軍独自のマーケティング展開拠点だけでなく、地域にも開放されたボールパークとして機能している。MLBがスプリングトレーニングキャンプで使用するベースボールファシリティー(施設)に近い。