つまりは「『品格』がない」などと言っているが、要するに、外国人が嫌いなだけなのである。しかも、相撲の本質を知らない人間ほど、「品格」を口にする。

 「品格」だけを問題にすれば、日本人にも「『品格』がない」人間はいっぱいいるし、力士はどちらかといえば「品格」欠如人間の集まりである。そんなことは相撲ファンならとうの昔に知っているから、大鵬と柏戸が拳銃を不法所持していても、輪島が年寄株を抵当に入れて借金して廃業しても、双羽黒がおかみさんを突き飛ばして部屋を飛び出しても、「品格」など言ったことはない。

 相撲部屋で暴行事件が頻発しても、たびたび八百長が発覚しても、相撲は続いてきている。力士に「品」を求めたら、相撲が伝統文化として存在できるわけがない。

 私は昔、力士を取材したことはあるが、現在は単なる「相撲ファン」である。ただ、相撲の表裏を知ったうえで、土俵を楽しんで観戦している。たまに、夕方に升席に入り、お茶屋から届いた焼き鳥などを頬張り、仲間と酒を酌み交わす。そうして、ひいきの力士の取り口に拍手を送ったり、罵声を浴びせたりする。

 「いやあ、注射がうまいな」「また星を売ったのか」「いや、あれは人情相撲だ」などと言い合うのが楽しいのである。ガチンコの大一番で、子供たちが「頑張れ!」と叫んでいるのを聞くと、ああ、「これが相撲なんだ」と思う。

 かつて、大関琴光喜が好きで、いつ朝青龍に勝てるかと仲間と言い争ったことがある。しかし、琴光喜は2002年に大関昇進を争うなど、実力では朝青龍と互角だったにもかかわらず、28連敗を喫した。琴光喜が負けるたびに、仲間からこう言われたものだ。

 「ほらな、やっぱりまた星を売ったじゃないか」。琴光喜ほどばくち漬けだった力士はいないだろう。
 
 それにしても、2011年に発覚した八百長問題で、当初から関与を認めて調査に協力し、結局引退届を出した春日錦(当時竹縄親方)と恵那司、千代白鵬の3人は今どうしているだろうか。あのとき、引退した清瀬海は「立ち合いは強く当たって流れでお願いします」とメールしたが、これこそ相撲の「呼吸」というものだ。
大相撲技量審査場所初日、八百長問題で10人が土俵を去り、寂しくなった十両土俵入り=2011年5月、両国国技館(千村安雄撮影)
大相撲技量審査場所初日、八百長問題で10人が土俵を去り、寂しくなった十両土俵入り=2011年5月、両国国技館(千村安雄撮影)
 土俵は「神聖な場所」、横綱は「神様」とされているが、そんなものは「建前」であって現実ではない。相撲ファンなら、土俵は「欲望に満ちた場所」、横綱は「知力に長(た)けた者」であることは、みな知っている。

 相撲ファンの誰が、相撲に「品格」を求めているというのだろうか。もういい加減、「品格」が日本人だけのものという根拠なき考え方はやめたらどうだろうか。そんな見方をしていたら、この厳しい現実に置いてきぼりにされる。

 最後にひとこと言いたい。「品格」を言うなら、それは横綱ではなく政治家に言え。権力者は謙虚でなければならない。