モンゴルの草原で育った少年と、大分で石炭船に揺られて育った少年とどこが違うのか。相撲に対して抱いていた夢は同じである。

 横綱審議委員会は、横綱に推挙するとき、必ず「品格、力量抜群に付き」と文面に記す。ただ強いだけではダメで、横綱という地位にふさわしい「品格」を要求する。

 しかし、この「『品格』とは何か」に関しての定義がない。日本人なら誰もがそうあるべきだとする振る舞い、それが「品格」ではないかとされる。

 「品格」で思い出すのは、ハワイ出身の大関小錦が横綱になれるのに十分な成績を残しながら、なれなかったことである。小錦は、1991年九州場所から92年春場所までの3場所で13勝(優勝)、12勝、13勝(優勝)という成績で、横綱に推挙されたが見送られた。

 当時、作家の児島襄氏が『文藝春秋』に「『外人横綱』は要らない」という論文を寄稿した。その中で、児島氏は「国技である相撲は、守礼を基本とする日本の精神文化そのものであり、歴史や言語の違う外国人には理解できない」とつづっていた。つまり、横綱の「品格」は日本人だけしか持ち合わせていないものとしていたのである。

 ところがその後、曙(あけぼの)、武蔵丸、朝青龍と、外国人横綱が次々と誕生した。となると、この論理は当然破綻する。日本人だけしか持ち合わせていないはずの「品格」を、相撲協会が外国人も持つことを認めたことになるからだ。

 よって、白鵬がモンゴル人だからといって、「品格」を問うのはおかしいということになる。すなわち、今となっては、「品格」と「日本人」を切り離して、別のものとして考えなければならない。

 そうなると、「品格」を求めることは、日本人が外国人を排斥するための「方便」ということになる。日本人同士でもこれは同じだ。
2019年3月、千秋楽に優勝を決め、インタビューを三本締めでしめた白鵬(林俊志撮影)
2019年3月、千秋楽に優勝を決め、インタビューを三本締めでしめた白鵬(林俊志撮影)
 私たちは、嫌いな相手に対して、よく「『品』のないやつ」などと言う。前記したように「品格」には定義がないから、「品格」が何かは個々人によって違う。

 となると、私たちは、その人間が好きか嫌いかでこの言葉を使っている。白鵬が批判された「待った」「バンザイ」「かち上げ」を「いいじゃないか」と弁護する人間もいるのだから、これほどいい加減で、使い勝手がいい言葉はない。

 結局、ひいきの力士に対して、その理由を「『品』があるから」などという人間はほぼいないから、「品格」を問題にするのは嫌いな力士に対してだけである。