立浪部屋に入門したのは15歳で、このとき、身長173センチ、体重70キロと、力士としては小柄で痩せ型の双葉山は将来を期待されなかった。白鵬と同じである。

 それが猛稽古で横綱に昇進し、26歳で69連勝という前人未到の大記録(当時は年2場所)を達成する。その後も、4連覇するなど大横綱として君臨し、32歳で引退した。引退から1年後、有名な「璽光尊(じこうそん)事件」で、入信していた新興宗教の教祖とともに警察に逮捕されている。

 しかし、翌年、相撲協会の理事になり、45歳で理事長に就任して相撲協会の発展に尽力した。ただ、劇症肝炎のため56歳という若さで、惜しまれながら死去した。

 双葉山が活躍したのは、今の年配相撲ファンが子供だったか、生まれていなかった時代なので、当時、「品格」がどのように扱われていたか、私にはわからない。しかし、今のように口うるさく言わなかったのではないだろうか。

 双葉山には自伝的著書があり、『相撲求道録』(黎明(れいめい)書房)というタイトルだった。だが、新版となって刊行されたときは、『横綱の品格』(ベースボール・マガジン新書)と変えられていた。

 白鵬はこれまで、先輩のモンゴル人横綱、朝青龍と同じように嫌われてきた。「日本スゴイ」「日本人は素晴らしい」メディアは、ことあるごとに白鵬の行為を問題視した。テレビのコメンテーターも、相撲協会の幹部も、白鵬の行動を問題視することが多かった。

 特に、2017年の九州場所での振る舞いに厳しい意見が飛び交った。土俵下で1分間にわたって「あれは待っただ」と抗議したことや、千秋楽表彰式での「みんなでバンザイ三唱」は、「著しく『品格』に欠く」と非難された。

 さらに、立ち会いでの「かち上げ」はプロレスの「エルボー」だとして、「危険行為だ」「横綱のするようなことではない」と激しく批判された。
2018年11月、大相撲九州場所開催中の福岡国際センターに設置された第35代横綱双葉山の写真コーナー
2018年11月、大相撲九州場所開催中の福岡国際センターに設置された第35代横綱双葉山の写真コーナー
 そして、この春場所の千秋楽、全勝優勝で復活を決めた後の表彰式で、またも白鵬はやってしまった。「三本締め」である。それから1カ月もしないうちの「日本国籍取得報道」だから、バッシングの嵐が吹き荒れるのも無理はない。

 しかし、白鵬がなぜ日本国籍を取得することに、ここまで感情的に反発するのだろうか。もちろん、法的には何の問題もない。日本国籍を取得すれば、「日本国籍を持たない者は親方になれない」とする規定をクリアできる。

 そうなれば、これまで4人しかいない「一代年寄」となり、白鵬部屋を開ける。さらに、横綱以外はなれないとされる理事長にもなれる。尊敬する双葉山と同じ道を歩めるのだ。