:いや、それは分からない。ただ、反対した親方はもっといたはずだ。朝日山親方(元関脇琴錦)が一番貴乃花に同情的で、伊勢ケ浜一門に橋渡しをしたという話がある。伊勢ケ浜親方も、日馬富士の件を水に流して受け入れるはずだったと言われるが、これは協会の趨勢(すうせい)ではなかったということだろうね。

:結局、貴乃花がいなくなったことで、角界は何かトクをしたのかね。

:どうだろうか。ワイドショーなどでは、かつて国民的アイドルだった大横綱がいなくなったので、相撲人気が衰えるなんて言っているが、そんなことはないだろう。

 NHKが全取組を生中継している限りは安泰だ。これは、高校野球と並んで、日本にはなくてはならないコンテンツということだから、どんな不祥事があっても関係ない。かえって、トラブル続きの方が視聴率も上がるというものだ。

:それに、今は高齢社会だ。高齢者がカネを持っている。人気が衰えるはずがないだろう。

:相撲は興行、見せ物であって、純粋なスポーツではない。そんなことはみんな分かって楽しんでいる。声援を送っている小学生、実はうちの孫だが、「人情相撲」を説明するとちゃんと分かるんだ。本気で相撲を取ったら、あんな固くて狭い土俵だから、けが人だらけになってしまう。

 それを言うと「注射」も理解する。「相撲はふつうのスポーツじゃないんだね」と私に言う。大人だけだ。頭でっかちで、ガバナンスだのフェアプレーだの言っているのは。

2003年6月、断髪式で二子山親方から
はさみを入れられる元横綱貴乃花=両国国技館
:まあ、それは言い過ぎだが、やはり今回のことで問題にしたいのは、当事者同士がとことん話し合わないことだ。代理人に丸投げで、会見というと代理人も一緒に付いてくる。

 これは本当に変だ。貴ノ岩にしろ、貴乃花部屋で問題を起こした貴公俊(たかよしとし、幕下)にしろ、子供ではない。ちゃんと会見して、自分の言葉で話すべきだ。

:まあ、相撲取りはしゃべりが苦手だから、どうしようもないが、だからといって、面倒なことは弁護士、代理人ばかりに任せていると、そのうち、相撲人気は本当に衰えるかもしれないな。