:一代年寄は大鵬、千代の富士(辞退して「九重」襲名)、北の湖、貴乃花の4人しかいないので、これで全員いなくなった。それから、貴乃花一門が消滅したので、また昔の一門制に戻ったわけだ。

:そもそも、貴乃花は一代年寄ではなく、当初予定していた名跡「藤島」を襲名してもよかったと思うね。いずれにしても、二所ノ関一門内の理事候補者談合に反発したことで、自ら立候補して当選、貴乃花一門を旗揚げした。ここまではよかった。

 しかしこの後、一門の繁栄に腐心すればいいのにガチンコを貫いて、協会内の人間関係を壊してしまった。後ろ盾の北の湖を失えば、こうなるのは仕方なかっただろうな。

:今回の協会との対立は、内閣府に出した告発状を事実無根と認めることと、所属先の一門を決めることにあったという。しかし、それは引き金に過ぎないと思うが、どうだろうか。

:その通りだろう。貴乃花としては阿武松グループが二所ノ関一門に戻ったことが許せなかったのだと思うね。これでは、これまでしてきたことが全てパーになってしまう。

 しかも、二所ノ関一門の総帥といえば尾車だ。犬猿の仲で有名だ。さらに、二所ノ関一門には、貴乃花を恨んでいるとされる高田川親方(元関脇・安芸乃島)がいる。

:それもまた年寄株の問題か。

:そうだ。安芸乃島は引退後、二子山(貴乃花の父、元大関貴ノ花)から「山響」株を譲り受けることになっていた。ところが貴乃花が父親に「山響」株をねだったため、安芸乃島は仕方なく二子山が別に持っていた「藤島」株を借りて部屋付き親方になった。その後、二子山が病床に伏したために部屋を継ぐことになった貴乃花は、「藤島」株の価格を釣り上げて安芸乃島の取得を妨害した。
1995年1月、明治神宮で雲竜型の土俵入りを披露する横綱貴乃花。左は太刀持ち安芸乃島
1995年1月、明治神宮で雲竜型の土俵入りを披露する横綱貴乃花。左は太刀持ち安芸乃島
 そこで、安芸乃島は立田川部屋へ移籍を申し出たが拒否され、仕方なく、自主破門という形で、二子山部屋を継承した貴乃花部屋を去ったのだ。

:それは根深い問題だね。今回、貴乃花を引き止める話もあったが、それには立田川親方が大反対したと言われているけど、本当だろうか。