:そう考えると、かつて「注射」を仕切った「中盆」(仲介人)は本当に偉かった。板井(元小結、板井圭介氏)こそ本当の代理人だ。「ガチンコ」には仲介がないから、すぐこじれる。力と力は土俵ではいいが、人間関係は解決しない。

:今回、テレビ報道を見ていて、つくづく思ったのは、いまだに「相撲協会=悪、貴乃花=正義」という構図で報道していることだ。コメンテーターもみんなそうだ。改革者である貴乃花がなぜ辞めざるをえなくなったのか。なぜ、そこまで追い込まれてしまったのか。それを一生懸命説明しようとしている。

:それは仕方ないね。人間の脳というのは、そういう二元論で説明されないと理解できないようにつくられているからね。「悪と善」の対立が、もっともわかりやすい。これを超えられるのは人工知能(AI)だけだろう。

:もっともらしいことを言うコメンテーターより、貴闘力(元関脇)が一番はっきり言っていた。ただ、説明をもっとしないと、一般にはわからんだろうな。

:なんて言っていた?

:「(貴乃花)本人は正直、協調性はあまりない。全部、直球で勝負する」とね。続けて、確かこうも言った。「そういう人間だから、ガチンコで横綱にも勝った。そういう生きざまで来ているからしょうがないんです」

:確かにその通りだ。ガチンコは土俵だけにしておけばよかったということか。

:ただ、ガチンコだからこうなったとはいえない部分がある。テレビは、今回の騒動の発端が貴ノ岩暴行事件にあるとしているが、そうじゃない。協会が貴乃花にあきれたのは「裏金顧問」とつるんだからだ。
2018年9月30日、断髪式を終え、伊勢ケ浜親方(左)に一礼する元横綱日馬富士=東京・両国国技館
2018年9月30日、断髪式を終え、伊勢ケ浜親方(左)に一礼する元横綱日馬富士=東京・両国国技館
:裏金顧問は、まだ協会と係争中だろう?

:そうだが、先日(8月28日)、彼は協会に対して「不当解雇」だとして起こした裁判で負けている。裁判所は「雇用したという事実はない」とし、「雇用の証拠として提出された採用辞令は偽造である」と認定した。まったくひどいもんだ。