今となれば、バカバカしいとしか言いようがない騒動を、長年の相撲ファンの声で総括してみたい。旧国技館があった蔵前のとある酒場に、60代後半の3人(A、B、C)が集まった。以下は、そのときの「たわいもない話」である。

:それにしても、日馬富士(元横綱)を損害賠償で提訴した貴ノ岩(前頭)の代理人弁護士の会見はひどかった。彼らは職務に忠実なのはいいが、相撲に対する愛情のかけらもない。「請求金額は2413万5256円です」とシャーシャーと言うんだから、見ていられなかった。

:民事訴訟で慰謝料や逸失利益を請求するのは当然の権利だが、その前に、当事者同士で何とか話させる努力をすべきだった。同じモンゴル人なんだから、いくら貴乃花が証言も外出も禁止していたからといっても、それはなかったと思うね。事件発覚後、伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)と日馬富士はわびに来ると言っていたのではないか。

:要するに弁護士や代理人なんていうのは、仕事としてやっているだけで、角界などどうでもいいんだ。交渉なんてものは、どちらの顔も立てられる、優れた「仲介者」がいないとうまくいかない。

:確かに、今回の日馬富士側の回答も代理人を通してだった。結局、金額を拒否だ。そして、貴乃花も「代理人に任せておりますので私の口からは言えません」だ。これでは、問題は長引くだけだ。

:今回驚いたのは、貴ノ岩の請求額に「懸賞金の逸失900万円」とあったこと。懸賞金は勝たなければもらえない。1本6万2千円で、手数料や積立金を引くと本人には3万円だ。だから900万円を得るには、1回5本もらったとしても60勝しなければならない。いったい、どういう計算をしているのかと思ったね。

:ともかく、代理人なるものが入るほど事態は悪化する。本当の解決策は直接のコミュニケーション。代理人や弁護士なんていうのは最悪だ。相撲協会に限らず、レスリング、体操、ボクシングと不祥事があった所は、みんな代理人が出てきて、続いて第三者委員会が作られ、ガバナンスが叫ばれる。最近の日本は、みんな同じ病気にかかっているとしか思えんよ。

:確かにそうだ。貴乃花の会見も、協会に対する部分は、弁護士がつくった経緯文面を読み上げているだけ。最近は、みんなお利口になって、少しでも揚げ足を取られたくないとそうしている。ひどいもんだ。
2018年10月、提訴後、記者会見する原告の貴ノ岩関代理人の佐藤歳二弁護士(中央)ら=東京・霞が関の司法記者クラブ
2018年10月、提訴後、記者会見する原告の貴ノ岩関代理人の佐藤歳二弁護士(中央)ら=東京・霞が関の司法記者クラブ
:ひどいといえば、「引退届」と「退職届」の受理するしないは、ただの代理人同士の争い。しかも、引退届を退職届だと思ってほしいと上申するなどありえない。もし、引退届で貴乃花を退職させたら、不当解雇となって協会が処分を受けかねない。

 代理人のレベルが低すぎる。さらに、原本でなくコピーに押印して提出など、代理人はいったい何をやっているんだ。わざと混乱させているとしか思えない。オレだったら、こんな代理人は即刻クビだ。